ホーム > 加工 > 眼鏡つなぎの技法を使用した手作りアクセサリー①

眼鏡つなぎの技法を使用した手作りアクセサリー①

こんにちは、あーちゃんです☆(´ゝ∀・`)ノシ
ビーズや小さい紙で折り紙など
細かい作業?が小さい頃から好きなあーちゃんは、
今回メガネつなぎの技法を使ったアクセサリーを紹介しますshine


メガネつなぎは上記写真の淡水パールと淡水パールの間のつなぎ方で、
銅や真鍮(しんちゅう)、金で出来た専用のワイヤーを珠に通し、
次のパーツとつなげられるよう輪を作り、
ねじってワイヤーがずれないよう押さえ、留めます。
18金やWGの線を使用し、色石などロー付け出来ない石の加工や
既製の丸カンが通らない石などのジュエリー制作にも使う事が出来ます。
その際に使用する線は既製の線では石が通らない事があるので
特注で線をオーダーします。

ピアスやブレスレット、ネックレスの丸カンでロー付け出来ない
ぶら下げるパーツを作る技法として
江口宝飾でもメガネつなぎを使い加工を承ってます。
是非お気軽にご相談下さいm(_)m

江口宝飾ホームページTOP
http://www.guidenet.jp/shop/0340/
台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット
http://www.guidenet.jp/
ペタしてね

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.guidenet.jp/shopblog/0340/2013/12/12/?p=2797/trackback
トラックバックの送信元リスト
眼鏡つなぎの技法を使用した手作りアクセサリー① - 江口宝飾(宝石鑑定士のいる店) より

ホーム > 加工 > 眼鏡つなぎの技法を使用した手作りアクセサリー①

検索
カテゴリー
カレンダー
« 2020 年 10月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗案内

ページの上部に戻る