ホーム > 加工 > 貴金属の加工〔ロー付け〕

貴金属の加工〔ロー付け〕

こんにちは、あーちゃんですヽ(*′∀`)ノ゙
江口宝飾では、お客様からチェーン切れなどの修理を
日々お預かりをしております。
今回は宝飾品に関わる加工法の、ロー付けについてお話しますshine

ロー付け(ろう付け)は上記のような切れてしまったチェーンなどを
修理する際の加工の一つで、
ろうと呼ばれる合金を熱で溶かし、
フラックスと呼ばれる融剤(溶けやすくする為の物質)を接合部に塗り、
金属同士の接着する接着剤に様な役目をするので、
〝ろう〟で付ける、ろう付け(ロー付け)と言われております。 

ロー付け(ろう付け)に使用されるろうは其々で、
つなげる金属によってろうの種類も変わります。
ろうは接合される金属より溶ける温度が約200℃くらい低く、
ろうの色も接合される金属と同じ色で、酸化しにくく、
接合部に均等に行き渡り、汚さないという事が大事です。


 そうして接合された金属同士は直ぐ外れる事の無いよう、
十分な接着力と接合部分の強度が求められます。


次回は今回の話に出て来てた〝ろう〟についてお話します♪
以上、あーちゃんでしたヾ(´∀`)ノ


江口宝飾ホームページTOP
http://www.guidenet.jp/shop/0340/
台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット
 http://www.guidenet.jp/
ペタしてね

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://www.guidenet.jp/shopblog/0340/2014/10/27/?p=2268/trackback
トラックバックの送信元リスト
貴金属の加工〔ロー付け〕 - 江口宝飾(宝石鑑定士のいる店) より

ホーム > 加工 > 貴金属の加工〔ロー付け〕

検索
カテゴリー
カレンダー
« 2019 年 8月 »
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
店舗案内

ページの上部に戻る