ホーム > 12ヶ月の誕生石

12ヶ月の誕生石のアーカイブ

真珠製品の取り扱いについて

今日は真珠を美しいまま長く使っていただけるよう「取扱いの注意点」についてお話させて頂きます。

真珠の主成分は炭酸カルシウムです。そのため熱や酸、水に弱いのでお使いの際は様々な注意をして頂くことをお薦めします。             

diamond.gif 炊事・洗濯・入浴時など水に長時間触れる時は外してください。                                

diamond.gif お化粧する時は身に着けずお化粧後に着けてください。                                      

diamond.gif 硬い物と真珠が触れ合わないようにしてください。                                       

diamond.gif お酢・ジュース・果物・ヘアスプレーなどが付着した際はすぐに水洗いをして柔らかい布でふき取り乾かしてください。

 

保管方法について

diamond.gif キズつき防止の為、宝石箱に保管する時は他の硬い貴金属に触れ合わないようにしてください。             

diamond.gif 黄ばみ防止の為、保管場所は直射日光や蛍光灯などの強い光が当たらないようにしてください。              

diamond.gif ネックレスの保管に際しては小さく丸めると真珠を繋いでいる糸が伸びたりワイヤーに曲げ癖がつくことも稀にありますので綺麗な環のままの形で保管してください。

 

 

デリケートな真珠は「テリ」が魅力の大きな要素になりますので注意も必要になってきます。又長年お使い頂くと皮脂や化粧品などが付着し真珠の劣化や糸切れの心配がでてきますので2~3年に一度はケアも兼ねて糸替え(ワイヤー交換)をされることをお薦め致します。

弊社でも真珠糸替え・ワイヤー替えなど致しておりますのでお気軽にお尋ね下さい。

 

flair.gif来週は【真珠のリフォーム例】をご紹介します。

 

江口宝飾ホームページTOP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~eguchihoushoku

台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット

http://www.guidenet.jp/

黒蝶真珠について

黒蝶真珠はクロチョウガイ(熱帯から亜熱帯の海に棲息する2枚貝)から採れる真珠のことを云い、貝の大きさはアコヤ貝と白蝶貝の中間の大きさです。

黒蝶真珠の色

 

真珠の色味はコンキオリン(タンパク質の一種)に含まれるごく微量の色素が重なり合って色を発しますが、黒蝶真珠のコンキオリンはレッド・イエロー・グリーンの3つの色素が含まれていてこれらの色素が重なり合う事により黒やグリーンの色を発します。



 


 

diamond.gif様々な色の黒真珠の中でも特に美しいとされるのが「孔雀の羽」を連想させる                          ピーコックカラーでその名の通りに美しい珠です。

黒蝶真珠には形も色々なものがあります。サークルと呼ばれる真珠には環がありますがこれは真珠の核を挿入した後に貝の体内で動くために珠が回転して貝の筋肉などに触れてくぼみができます。そのくぼみが増幅されて環になりサークルと呼びます。


サークルの形




  


黒蝶真珠 8~11mm 98.000円

 

黒蝶真珠といっても色や珠の形によって正式な場面やカジュアルな場面でも様々に活用できると思います。あこや真珠や南洋真珠にはない深みのある濃色も魅力のひとつではないでしょうか。


flair.gif明日は真珠製品の取り扱いやお手入れ方法をご紹介します。


江口宝飾ホームページTOP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~eguchihoushoku

台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット

http://www.guidenet.jp/ 

白蝶真珠(金色)について

シロチョウガイには母貝の内側の真珠層の縁が銀白色のものと黄色のものがあります。銀白色系をシルバーリップ黄色系をゴールドリップと云いシルバーリップからはホワイト系の真珠、ゴールドリップからはイエロー(ゴールド)系の真珠が採れます。その為母貝を選ぶ時に採れる真珠の色も決まってきます。 

             









シルバーリップ           ゴールドリップ



母貝の寿命は20年くらいで真珠養殖に使用できるのは生後2年から10年までとされています。               

今日はゴールド系の南洋真珠製品をご紹介します。


   






南洋真珠(ゴールド) 11mm   ダイヤモンド0.78ct










南洋真珠(ゴールド) 11mm   ダイヤモンド0.06ct









ゴールドの南洋真珠は独特のふわ~っとしたとろみ感と金色のもつゴージャス感がうまくかみ合っているのではないでしょうか。このような美しい色味を作りだす母貝の素晴らしさに感謝ですshine.gif


flair.gif明日は黒蝶真珠の概要と製品をご紹介します


江口宝飾ホームページTOP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~eguchihoushoku

台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット

http://www.guidenet.jp/

白蝶真珠の製品と概要

白蝶真珠はシロチョウガイから採れる真珠でオーストラリアやインドネシアなどの水温が高めの海が産地で『南洋真珠』とも呼ばれています。                                  母貝のシロチョウガイは最大で30cmというものもあり大粒の真珠が採れ、一番の魅力は大きいサイズ華やかな雰囲気があることです。色味はホワイト・シルバー・クリーム・ゴールドなどがあります。



白蝶真珠の色見本





                                        画像:真珠の卸屋さん

diamond.gif白蝶貝から採れる真珠のサイズの多くは10mm以上の大粒で、中には16~17mmにもなるものもあります。



白蝶真珠ネックレス  

14.0mm~16.0mm  

398.000円







K18白蝶ダイヤモンドリング 

パール9.0mm 

ダイヤモンド0.687ct

90.500円


白蝶真珠は巻きの厚さからくる重厚で気品あふれるところが素晴らしいと思いませんか。とても心惹かれてしまいます♥・・・


flair.gif来週は「ゴールド色の白蝶真珠の製品」をご紹介します。


江口宝飾ホームページTOP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~eguchihoushoku

台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット

http://www.guidenet.jp/

淡水真珠の製品と概要について

淡水真珠とは「イケチョウ貝」「カラス貝」などから獲れる真珠のことで日本産はイケチョウ貝、中国産はカラス貝に分類されています。                                       日本では琵琶湖と霞ヶ浦で養殖している淡水真珠ですが数は少なく現在では淡水真珠の8割以上が中国産です。

 

                 

 

 

 

   

淡水真珠の魅力は白・オレンジ・ラベンダーピンク・ゴールドなど多彩な色をもっていることと、真珠の形が豊富にあること(淡水真珠には核が少ないので真円を作るのは難しい反面色々な形ができます)そして真珠の全てが真珠層なので強度があります。海からの貝でできているあこや真珠・黒蝶真珠・白蝶真珠との違いは輝きが少なく真珠の重量が軽い ことですが最近は養殖技術の向上により品質のよい淡水真珠も作られるようになりアクセサリーは本より宝飾品に使用される淡水真珠も作られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

キャンディーを思わせる色味が優しくソフトな印象を与えてくれ、重量も軽いので連を幾重にも重ねて着けて楽しめる真珠ではないでしょうか。

 

flair.gif明日は「白蝶真珠の製品と概要」についてお話します。

 

江口宝飾ホームページTOP

http://www7b.biglobe.ne.jp/~eguchihoushoku

台東区情報検索サイト 上野・浅草ガイドネット

http://www.guidenet.jp/

ホーム > 12ヶ月の誕生石

検索
カテゴリー
カレンダー
« 2019 年 11月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
店舗案内

ページの上部に戻る